生きてるって素晴らしい

KinKiヲタでトラトリスト

0320 18:00再開

無事に幕が下りた。
良かった…。お疲れ様。
これからまた沢山改善していくのだろうけど、今夜は少しぐらい眠れるのかな。
きっと寝る間も惜しみ、というか眠れずに、かな…沢山のことをずっとやっていたのでしょう。
愛するカンパニーと共に。

ワイドショーで見た光一さんがすごい痩せてた。
最初に話す姿はいつもの光一さんとは違って見えた。
今日公演をすることを批判されるかもしれない…。そう光一さんは、口にしたけれど。
批判…ファンだからかもしれないけど、そんな言葉は頭にも浮かばなかった。
全然。これっぽっちも。
びっくりしたんだよ、もう公演は中止かもしれないと思っていた、正直。
無理なんじゃないかな、と。
でも、今回は無理でもきっと帰ってきてくれるだろうと思ってはいた。
だって、最強カンパニーだから。
光一さんだから。

なのに、今日の夜公演が行われると知った時の驚き。
私が愛している王子様は本当に男前な人だなぁ、と涙が出た。
強い人だ、本当に。
光一さんを、強い人だと思ってる。
でも、弱い人だとも思ってる。
あの人の強さは自己暗示もあるのだと思う。
言い聞かせているのだと思っている、強くあれ、と。
あの人はそれが出来る、男前な人だ。

そして、最強カンパニーが付いているのだから、ちゃんと強くあれる。
一人じゃないことを知っている人は、より強い。

15年、この歴史があって良かったと、思った。
信頼関係が並じゃない。
15年、心をザリザリ削りながら共に歩んできた仲間がいるのだから。
怪我した出演者の方々も、公演に穴をあけて申し訳ないと言える。
そう言ってもらえる座長が、SHOCKが、本当に誇らしい。

この舞台を愛しているファンとして、本当に誇らしいと思う。
光一さんを好きで誇らしい。

最後のカーテンコールの光一さんの姿を見て、ホッとした。
光一さんの顔が、目が、キラキラしてた。
上を、見上げてた。
潤んだ瞳、緩んだ表情。
よかったね、と心底思った。
そして、感謝を。
想像も出来ないぐらい頑張って闘ったのでしょう。
カンパニーみんなで。


帝劇の神様。
事故は起こってしまったけれど、きっと護ってくれたのでしょうね。
だって、翌日に公演が再開される事実。
みんなが再開を願える事実。それは、不幸中の幸い。
あのカンパニーを、光一さんを、神様は愛していると私は思っている。

怪我した方々が早く治りますように。
千秋楽まで、無事に走りきれますように。


とりあえず、とりあえず、よかった…。